Home » スタッフBlog » 開発効率とサービスの品質向上

開発効率とサービスの品質向上

category : スタッフBlog 2015.9.1 

技術部1課本橋です。

現在オープンソース業界では沢山のツールが存在しています。
これらをうまく組み合わせて作業を効率的にしたいと考える方は多いのではないでしょうか。
今回はそんなオープンソースの連携について紹介させていただきます。

・モジュール生成は個人PCで行っている
・リリースは手でサーバーにコピー配置している
・ノンデグレテストに時間がかかる
・進捗管理やバグ管理をしているとき、対象モジュールのバージョンがわからない

アイティテラではこのようなお客様に対し、提案・導入をしています。
例えば、私は以下組み合わせを提案し現場で開発・保守を行っております。

image1
      ;   Jenins-Redmine-SVN-Selemnium

Jenkins 継続的DIツールとして、モジュールの生成・サーバー配置・テスト実行など
Redmine バグ管理ツールとして、またWIKIの機能もあり
SVN ソース管理ツールとして
Selenium WEB画面の回帰テストツールとして

これらを連携させることにより、保守性がグッと上がります。

具体的には以下①を実行すると⑤まで自動で流れます。
①SVNにRedmineのチケット名をコメントに付けてプログラムをコミットする
②SVNのHOOK機能を使ってJenkinsのビルドを実行
③ビルド失敗ならチケット発行&メールで通知、正常ならばサーバに配置・デプロイする
④JenkinsからSeleniumを実行する
⑤テストが異常終了ならチケット発行&メールで通知、正常ならそのまま終了

つまり、プログラムを修正してコミットしただけで回帰テストまで実行できちゃうわけです。
管理者側もメールやRedmineのチケットを見るだけで、いつどこで異常が起きたのかわかります。
検証環境や本番環境へのリリースもjenkinsで行い、
設定しておけば自動的にBranch退避もできるので煩雑なソース管理から解放されます。
その分他の部分に時間を回せるので、より品質の高いものをお客様に提供する事ができます。

タグ

サイト内検索

Copyright(c) 2015 IT-TERA All Rights Reserved.