Home » オフショア開発サービス

オフショア開発サービス 

offshore

IT-TERAではシステム開発において、日本で設計を行い、フィリピン(メトロマニラ)の現地子会社にて開発を行うことにより、開発費用の削減を 実現致します。
昨今のオフショア開発ではコミュニケーション不足による仕様不理解が原因で、品質のトラブルが多発し失敗する例が少なくありません。また、中国等を 対象としたオフショア開発では物価上昇によりその恩恵が受けられない状況となっております。
当社では現地に常駐している日本人ブリッジSEにより品質・ 進捗を管理すると共に、日本側(設計部隊)との橋渡しを行う事で、それらの問題を解決し、品質の良いシステムをご提供させて頂いております。

BSEによる品質管理

IT-TERA PHILS.INC.に常駐している、日本人ブリッジSE(BSE)により、開発指導・品質指導・進捗管理を直接行っておりますので、プログラムの品質を保つ事が可能です。
また、フィリピンでの会話は英語がベースとなり、現地BSEは直接英語で指示を行うため、通訳によるオーバーヘッドやコミュニケーション不足の心配はございません。
<フィリピンでのオフショアメリット>
□ 英語圏である。
□ タイムゾーンが日本とほぼ同じである。
□ 理工系大学で教育を受けたITエンジニアが多い。

オフショア開発体制

お受けした開発作業の窓口は日本側の担当者が窓口となり要件定義から外部設計までを担当します。詳細設計以降は現地BSEコントロール下でオフショア開発を行います。

担当フェーズ

主な担当フェーズは内部設計以降となりますが、外資系のお客様等で英語の外部設計を必要とされる場合は、ブリッジSE(BSE)が外部設計を行っております。
システム言語・各種ドキュメントを含め、日本語、英語両方に対応が可能です。

開発環境

開発環境はCloud、SSL-VPN、セキュリティトークン等、複数のセキュアなネットワーク環境を確保し、海外におけるインフラ障害やデータ破損など、あらゆる災害を想定した開発環境を構築しております。

タグ

サイト内検索

Copyright(c) 2012 IT-TERA All Rights Reserved.